金の延べ棒や金貨の買取り

金を買取り、それを使って儲けを出そうと考えている人は大勢いることでしょう。
大金をつぎ込んで金を買取られた人はそれが盗まれたり、保存状態が悪く価値が落ちたりするといった事態を避けるために買取った金を金融機関や金の取扱会社の貸し金庫で保管するなど必要な策をとられることでしょう。
しかし買取った金の延べ棒を自分の近くに置きたい、それをときどき眺めたいという理由から金庫を購入してそれを自宅に置き、その中に金の延べ棒を保管する人や、庭に埋めて隠したりする人もいるようです。
確かに買取った金の延べ棒を眺めるのは気持ちのいいことでしょう。
金は古くから人を魅了する不思議な魅力を持っています。
しかし金の延べ棒の1キログラムの価格は約450万円です。
そう簡単に手に入るものではありません。
たとえ買取ることができたとしても一般庶民にはそれを手にとって毎日眺めたり、家に保管する勇気は湧いてこないかもしれません。
しかし「どうしても金の延べ棒を買取ってそれを身近なところに置きたい、それを手にとって眺めて優越感に浸りたい」という願いを抱いている人に朗報があります。
この金の延べ棒、1キログラムの他に5、10、20、50、100グラムと少し小さなスモールサイズのものが販売されているのです。
このスモールバー、実は今人気を集めています。
10グラムの純金スモールバーでしたら、4万5千円くらいで手にすることができます。
ただし、純金を小さく加工するため”スモールバーチャージ”という純金加工料が発生します。
金の価格には様々な要素が関係しているため金額に多少変動がありますが、100グラムの加工でも数千円の加工料がかかる場合があります。
ゆえに少し割高になってしまいますがたとえ少量であろうと金の延べ棒を手元に置いておきたいという人にはよい情報ではないかと思います。
金が手元にあれば決して延べ棒ではなくてよいという人には金貨を買取ることをおすすめします。
金の延べ棒のよう強烈な存在感はないかもしれませんが金貨はデザインの美しさが特徴的です。
金の延べ棒とは違った楽しみ方をすることができるでしょう。
また金貨にはプレミアがつくことがありますので買取価格よりも高く売ることがときには可能です。
さて多くの場合、金の延べ棒や金貨を買取る人の目的は投資でしょう。
しかしそれを実際に目にしたり手にとって見たりすることは何とも言えない満足感を与えてくれます。
実に不思議です、金の魅力は。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*